Bitters End
配給作品
『たゆ たう』
公式サイト
TOP
公式ブログ
about movie
クラムボン
予告篇
上映スケジュール
前売り特典
クラムボン < たゆ たう
BITTERS END

clammbon(クラムボン)profile


原田郁子(vo&key)、ミト(bass)、伊藤大助(drums)からなる、3ピースバンド。
1999年シングル「はなれ ばなれ」でメジャー・デビュー。当初より、ライヴやレコーディングなどにおいて他のアーティストとのコラボレーションや楽曲提供、プロデュースなど多岐に渡る活動を続けてきているが、昨今ではFUJI ROCK FES.など野外フェスティバルの常連的存在となり、ライヴ・バンドとしての評価も非常に高まってきている。
2003年にコロムビア移籍第一弾アルバム『Imagination』、2005年3月にはオリジナル通算6枚目のアルバム『てん 、』をリリース。


またメンバー各自の活動も盛んで、原田郁子は、2004年秋に初めてソロとしてシングルとアルバムを発表。2005年にはポラリスのオオヤユウスケとハナレグミ永積タカシと“ohana”というドリーム・バンドを結成し2006年2月にシングル「予感」3月にアルバム『オハナ百景』を発表。ケンタッキーフライドチキン、JOMOなどのCFソングも担当。また、写真家・原田奈々とのフォトエッセイ集『ツーリズモ』が6月に発売され、各地の書店で売り切れるほどの大反響。他にもナレーションや執筆など多方面で多彩に活躍中。



画像
画像


画像
画像

ミトは、2006年2月に発売された木村カエラのアルバムで1曲、作曲・アレンジ・プロデュースで参加。その楽曲が「キットカットCDパック」として販売され話題に。伊藤大助、斉藤哲也(Nathalie Wise)らと新生ピアノ・トリオ=FOSSA MAGNA結成し、2月にアルバムをリリース。Mito soloのアルバム「Declaration of the Independence of the imagination and Rights of Man to His Own Madness U」が12/2、第三章としてのmicromicrophoneのアルバム「Declaration of the Independence of the imagination and Rights of Man to His Own Madness V」が12/6にリリースされることが決定。他にも、6人組バンド・タラチネのシングル「MELLOW GOLD」(7月発売)をプロデュースしたり、SUEMITSU&THE SUEMITHの2ndシングル「Astaire」にミトがベースで参加。また、アイルランドのケルト集団・KiLAのremixアルバム「ANOTHER BEAT〜KiLA remix」(9月発売)にミトが1曲参加したりと多方面で活躍している。

伊藤大助はASHとドラムとギターふたりっきりのバンド、LOTUS GUITER(ロータス・ギター)を結成し6月にはアルバムをリリース。ドラマーのオータコージ氏と結成したツインドラム・インスト・インプロヴィゼーション・バンドThe Sun calls Starsも現在精力的にライブ活動を行っており、9/27にはアルバム「06・05・26」をmurffin discsより発売。