12歳の少年サムエレは、友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある毎日を生きている。しかし、この島には彼が知らないもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。島の人口約5500人に対して、5万人を超える難民・移民がランペドゥーサ島へやってきている。島には巨大な無線施設が建ち、港には数多くの救助艇が停泊している。ひとたび難民たちが乗った船から救難要請の連絡が入ると、無線が飛び交い、ヘリコプターが飛び立つ。夜の海を照らすサーチライトが難民たちを探している。そんな緊迫した様子とは対照的に、島の日常は流れていく。家々のラジオからは音楽が聞こえ、漁師は海へ出かけ、雷の日には老女は家で刺しゅう糸に針をとおす。同じ島にありながら、島の生活と難民たちの悲劇は決して交わることがない。両者を結ぶのは、島でたったひとりの医師のみ。島の人たちを診察する傍ら、島にやってきた多くの難民たちの検診や死にも立ち会う。彼は言う「こうした人々を救うのは、すべての人間の務めだ。」少年サムエレにも変化が起こり、左目の弱視が見つかる。右目を塞いで左目の動きを上げていくために矯正メガネをつけることになる。それはまるで、今まで見えていなかったもうひとつの目で、未知の世界を見るかのように──。
前作『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』で2013年度ヴェネチア国際映画祭金獅子賞(グランプリ)を受賞したジャンフランコ・ロージ監督が、次にカメラを向けたのはひとつの島だった。難民危機の最前線、ランペドゥーサ島。ある国際映画祭で上映する短編を撮影するために島に入ったロージ監督は、ニュースでは描かれない複雑な世界を目の当たりにし、たった数分の映画に収めることは不可能だと悟る。そして、島に暮らすたったひとりの医師から聞いた難民救援の現状や、少年サムエレとの出会いをきっかけに、『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』の製作を決意。島へ移り住み、ランペドゥーサの人々と時を共有しながらゆっくりカメラを回し、島の“真の姿”を描き出した。自然の中で無邪気に遊ぶ少年サムエレの笑顔、過酷な海の旅を経て島にやって来た難民の涙。小さな島の中には死があり、そして、生がある。美しく詩情溢れる映像と共に描かれるそれぞれのストーリーがドラマチックに心を揺さぶる、静かな衝撃作。
本作は、2016年度のベルリン国際映画祭で金熊賞(グランプリ)を獲得。ロージ監督は、二作連続で世界三大映画祭の最高賞を受賞しただけでなく、ベルリン、ヴェネチアと、ドキュメンタリー映画で初の最高賞を受賞するという快挙を成し遂げた。審査員長のメリル・ストリープは「現代を生きる私たちに必要な映画。この映画が世界中で公開されるためならどんなことでもする」と力強く本作を応援している。また、当時のイタリア首相マッテオ・レンツィも、2016年3月に行われた移民政策が議題のEU首脳会談にて、「人々を、数ではなく、ひとりひとりの人間として描いている。この映画を観たら、違った視点での議論ができるはず」と、本作のDVDを27人の全首脳に手渡したという。その後も、本作はアカデミー賞®外国語映画賞イタリア代表、ドキュメンタリー部門ショートリストと2部門に選出。世界中の映画祭を席巻中だ。
地中海のイタリア領最南端の島。シチリア島から南西へ約220km、チュニジアの海岸から東へ113kmに位置。面積は20.2 km²(鹿児島県与論島が20.47 km²)。住民は約5500人。ペラージェ諸島に属する他の島ともども、シチリア州アグリジェント県に属するランペドゥーサ・エ・リノーサという基礎自治体(コムーネ)を構成する。
1860年よりイタリア王国領となっており、その頃は流刑地として使われた。第二次世界大戦中の1943年には、パンテッレリーア島侵攻作戦(コークスクリュー作戦)に付随してイギリス軍によって占領されている。この戦いは、シチリア上陸作戦(ハスキー作戦)の前哨戦であった。1960年代には北大西洋条約機構の基地が設置された。
「船が浮いて見える」ほど、透明度の高いターコイズブルーの美しい海で有名。ベストセラー書籍「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」(2013 /三才ブックス)では、ランペドゥーサ島の光景が「世界1位の絶景」として紹介されている。北アフリカから最も近いヨーロッパの国の領土であるために、アフリカや中東からの移民・難民の目的地となっており、近海ではしばしば海難事故が発生するなど問題となっている。特に、2013年10月3日ランペドゥーサ島沖にて密航船の火災・転覆事故が発生し360人以上が死亡、世界中で報道された。同年7月、フランシスコ・ローマ法王が初の外遊でランペドゥーサ島を訪れ、多数の海難事故の犠牲者を追悼した。イタリア政府はリビア沿岸近くまでをもカバーする「マーレ・ノストルム」作戦を展開し、軍や沿岸警備隊で地中海をパトロールし1年間で15万人の難民を救出するが、予算の問題で作戦の規模は縮小。その後も、ランペドゥーサ島沖での海難事故は尽きない。
第二次世界大戦中、港に停泊していたイタリア軍のマッダレーナ号が連合軍に爆撃され、真っ暗闇の深夜だというのに海が真っ赤に燃え上がり、漁師は夜に漁へ出ることを恐れたという、島民に語りつがれる逸話から生まれた地元の伝統曲で、‟炎の海(Fire at sea)“の意。本作の原題である。劇中、ラジオでリクエスト曲として流れ、サムエレに祖母がしている昔話としても登場。
1964年、エリトリア国アスマラ生まれ。エリトリア独立戦争中、13歳で家族と離れてイタリアへ避難。青年期をローマとイスタンブールで過ごす。イタリアの大学卒業後、1985年、ニューヨークに移住。現在はイタリアならびにアメリカ合衆国民。
ニューヨーク大学フィルム・スクール卒業後、インド全土を旅し、中編「Boatman(原題)」の製作と監督を務めた。この作品は、サンダンス映画祭、ロカルノ国際映画祭、トロント国際映画祭を含む様々な国際映画祭で上映され、成功を収めた。2008年、カリフォルニア州スラブ・シティで撮影された初の長編作「Below Sea Level(原題)」は、ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門ドキュメンタリー賞、そして最も優秀なドキュメンタリーに贈られるDoc/It賞を受賞。同作は2009年のシネマ・ドゥ・リールでグランプリとヤング審査員賞、ワン・ワールド国際人権映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞、バーリ国際映画祭ではヴィットリオ・デ・セータ賞を受賞、ヨーロッパ映画賞で最優秀ドキュメンタリー賞にノミネートされた。2010年、メキシコの麻薬カルテルの殺し屋から、警察協力者となった人物のインタビュー映画「El Sicario, Room164(原題)」を撮影。ヴェネチア国際映画祭で国際批評家連盟賞、Doc/It賞を受賞した。さらに、リスボン国際ドキュメンタリー映画祭、2011年にはテルアビブ国際ドキュメンタリー映画祭でそれぞれ最優秀映画賞を受賞。
2013年、長編映画『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』を製作。ベルナルド・ベルトルッチ監督、坂本龍一ら審査員に絶賛され、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞を受賞。ドキュメンタリー映画では初の快挙として話題を呼んだ。日本では、ジャンフランコ・ロージ監督初の劇場公開作品となり、連日満席のロングランヒットを収めた。
2016年、『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』では、審査員長のメリル・ストリープが絶賛し、ベルリン国際映画祭にて金熊賞を受賞。ヴェネチアに続き、ドキュメンタリー映画で初の最高賞受賞となった。アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表にも選ばれている。
映画の他に、数々の公共広告も監督し、ニューヨーク大学映画学科、ルガノの南スイス応用科学芸術大学、ならびにジュネーブの造形美術大学の客員講師も務めている。
1993「Boatman(原題)」
❖第10回サンダンス国際映画祭正式出品
❖第14回ハワイ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞
2001「Afterwords(原題)」(共作)
❖第58回ヴェネチア国際映画祭ニューテリトリー部門正式出品
2008「Below Sea Level(原題)」
❖第65回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門 ドキュメンタリー賞、Doc/It賞
❖第31回シネマ・ドゥ・リール賞 グランプリ、ヤング審査員賞
❖第10回ワン・ワールド国際人権映画祭 最優秀ドキュメンタリー賞
❖第1回バーリ国際映画祭ヴィットリオ・デ・セータ賞(最優秀ドキュメンタリー賞)
2010「El Sicario, Room 164(原題)」
❖第67回ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門、国際批評家連盟賞、Doc/It賞、バイオグラフィルム・ランチア賞
❖第8回リスボン国際ドキュメンタリー映画祭 最優秀映画賞
❖第13回テルアビブ国際ドキュメンタリー映画祭 最優秀映画賞
2013『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』
❖第70回ヴェネチア国際映画祭 金獅子賞、若い批評家賞
❖第10回セビリア・ヨーロッパ映画祭 銀賞
❖第28回チャック・ドーロ 最優秀音響賞
2016『海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~』
❖ 第89回 アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表
❖ 第66回 ベルリン国際映画祭 金熊賞〈グランプリ〉エキュメニカル審査員賞、アムネスティ・インターナショナル賞、ベルリーナー・モルゲンポスト紙読者審査員賞
❖ 第56回 イタリア・ゴールデングローブ賞大賞
❖ 第70回 ナストロ・ダルジェント賞特別ドキュメンタリー賞
❖ 第7回 バーリ国際映画祭編集賞 
❖ 第21回 カプリ・ハリウッド国際映画祭年間最優秀ヨーロッパ映画賞
❖ 第31回 チャック・ドーロ最優秀編集賞
❖ 第10回シネマ・アイ・オナーズ アンフォゲッタブルズ賞
❖ 第32回国際ドキュメンタリー協会賞 撮影賞
❖ 第29回ヨーロッパ映画賞 ドキュメンタリー賞
❖ 第60回 ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞 最優秀映画賞、監督賞、プロデューサー賞、編集賞ノミネート
❖ 第29回 ヨーロッパ映画賞ピープルズ・チョイス賞、ドキュメンタリー賞ノミネート
❖ 第1回 米・放送映画批評家協会ドキュメンタリー賞最優秀ドキュメンタリー映画ノミネート
❖ 第15回サンフランシスコ映画批評家協会賞ドキュメンタリー賞ノミネート
❖ 第43回 テルユライド映画祭正式出品
❖ 第41回 トロント国際映画祭正式出品
❖ 第54回 ニューヨーク映画祭正式出品
❖ 第64回 サンセバスチャン映画祭正式出品
❖ 第51回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭正式出品
想像力に富み、現代を生きる私たちに必要な映画。
今すぐ見なくては!
メリル・ストリープ
女優/ベルリン国際映画祭審査員長
Marbelous!驚くべき映画!
ジュリエット・ビノシュ
女優
ランペドゥーサ島にやってくる人々を、数ではなく、ひとりひとりの人間として描いている。 この素晴らしい映画を、世界中の人々に観てほしい。
マッテオ・レンツィ
元イタリア首相
ファンタスティック!
パオロ・ソレンティーノ
映画監督
最高傑作!
難民危機に向けられた見事な視点。美しく、ミステリアス。感動的なドキュメンタリー。
ガーディアン
印象派の絵画のように、観るものを夢中にさせる。
フレデリック・ワイズマンのドキュメンタリーのように、細やかなシーンの連なりから、観るものに全体像を描かせる力がある。
ニューヨーク・タイムズ
ランペドゥーサ島の住民たちへのアプローチによって、ますます深刻化する世界の危機にスポットライトを当て、難民と交わることのない彼らの姿に、私たち自身の姿が投影されている。
ヴァラエティ
メインストリームのメディアによって扇情的に報じられる主題に対して、とても知的なアプローチをしている。
この現在進行形の大惨事の知られざる一面を、鋭く、影の多い映像で捉えている。
そのイメージは、目が覚めるような美しさだ!
インディー・ワイヤー
パワフル!
ときに衝撃的だが、これは究極の人間ドキュメンタリーだ。
スクリーン・インターナショナル
報道では伝えられない真実が描かれている。
ハリウッド・レポーター
映画に映し出される多面的な現実が、まるでフィクションのように魅力的だ。
生と死、ありふれた日常と多くの死、成長と老い、家族と国家、対立と調和…それぞれがお互いに作用しあう。
色鮮やかで、複雑、人間味があふれている。
フィナンシャル・タイムズ
必見!この映画は説教したりはしない。
ロージ監督は、絵画のように端正にランペドゥーサ島と海の魔法のような景色を映し、静かな衝撃を描き出す。
サイト&サウンド
忘れることができない傑作。
ヴィレッジ・ヴォイス
ドラマ化もなく、涙腺を刺激する音楽もなく、怖いもの見たさの好奇心もなく、 ロージ監督は淡々と、しかし威厳をもって、この島の悲劇を映す。
TVのイメージに慣れた私たちの眼は、物事を違った風に見始める。
レザンロキュプティブル
無関心への有効な一撃。 
リベラシオン
難民と島民が並行的に描かれる二重構造を持つこの映画の主人公は、私たちだ。
大量の死が私たちの間近にあるという恐るべき事実にも関わらず、私たちの生活は続く。 
エルベ・ブリュシニ
サムエレがパチンコで的に狙いを定めた顔のクローズアップ。集中によってしかめた顔は、攻撃的でありながらも、無垢で脆弱だ。そのショットは、静かでありながらセンセーショナルである。彼はまるで、ヴィットリオ・デ・シーカ監督『自転車泥棒』の若きエンツォ・スタヨーラだ。そのサムエレの顔の意味は?彼はどこかで世界史の胞子を吸収しているのか?彼の飾らない振る舞いは、思いやりや解決策なく人生は続くことを示唆しているのか?この映画は見事だ。
ガーディアン