監督

ダニス・タノヴィッチ

Danis Tanovic

1969年2月20日ボスニア・ヘルツェゴビナ生まれ。

サラエヴォのフィルム・アカデミーで習作を数本撮った後、 92年のボスニア紛争勃発と同時にボスニア軍に参加。「ボスニア軍フィルム・アーカイヴ」を立ち上げ、戦地の最前線で300時間以上の映像を撮影。 その映像はルポルタージュやニュース映像として、世界中で放映された。

94年にベルギーに移住してINSASで再び映画を学ぶ。2001年にボスニア紛争を描いた『ノー・マンズ・ランド』で監督デビューを果たし、 アカデミー賞(R)外国語映画賞、ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞、カンヌ国際映画祭脚本賞などを数々の賞を受賞する。 05年にはエマニュエル・ベアール、キャロル・ブーケなどフランスを代表する俳優たちを起用し、クシシュトフ・キエスロフスキの 遺稿を映画化した『美しき運命の傷痕』を発表。その後、コリン・ファレル主演の「戦場カメラマン 真実の証明」(09)、 「Circus Columbia」(10)で、戦争とその結果について描いた。

13年、ボスニア・ヘルツェゴヴィナに暮らすロマの一家を描いた『鉄くず拾いの物語』を監督。実際の当事者を出演させるという斬新なアプローチで、第63回ベルリン国際映画祭銀熊賞(審査員グランプリ)、主演男優賞、エキュメニカル賞特別賞の三冠を手にした。

この度公開となる2作品、日本での公開が世界初公開となる『汚れたミルク/あるセールスマンの告発』は第62回サン・セバスチャン国際映画祭Solidarity賞を受賞。『サラエヴォの銃声』は第66回ベルリン国際映画祭審査員グランプリ(銀熊賞)と国際批評家連盟賞をW受賞し、本年度アカデミー賞外国語映画賞 ボスニア・ヘルツェゴビナ代表に選出されている。

現在、ジェシカ・ビール、クライヴ・オーウェン出演の「Invisible」が進行中。

汚れたミルク あるセールスマンの告発/コメント

映画が伝えるこの衝撃の事実に、強い憤りを感じずにはいられない。

──ハリウッド・リポーター

報道されてこなかった、今もなお解決されない事件。
社会から引き裂かれた状況下にある人々に、真摯な声を届けたダニス・タノヴィッチ監督の勇気に拍手を送りたい。

──インディ・ワイヤー

サラエヴォの銃声/コメント

明快かつ大胆!
巧妙な転調の仕掛け、複数の登場人物たちが織り成すアンサンブル。
ひとつのホテルを舞台にしながら、いまの世界の全体像を浮かびあがらせることに見事に成功している。

──ヴァラエティ

コンパクトで現代的な新感覚スリラー!
あなたはその場を離れることができない。

──ハリウッド・リポーター

現代ヨーロッパの悲惨な寓話を提示した、風刺に満ちた傑作!

──ガーディアン

ダニス・タノヴィッチ監督は故郷 サラエヴォの悲劇的な歴史へカメラを向けた。
それは、外傷的な過去と脆弱な現在の間で未だ引き裂かれたままだ。
重複するテーマとロングテイクのスタイルが、アルトマンの『ショートカッツ』を想起させる。

──シネマスコープ

劇場情報

    公開日
都道府県 劇場 汚れたミルク サラエヴォの銃声
東京 新宿シネマカリテ 3/4(土)~ 3/25(土)~
神奈川 シネマ・ジャック&ベティ 3/25(土)~ 4/1(土)~
千葉 千葉劇場 4/1(土)~ 4/8(土)~
群馬 シネマテークたかさき 4月 4月
北海道 シアターキノ 5/13(土)~ 5/13(土)~
宮城 桜井薬局セントラルホール 近日 近日
愛知 伏見ミリオン座 近日 近日
大阪 テアトル梅田 近日 近日
京都 京都シネマ 近日 近日
兵庫 神戸アートビレッジセンター 近日 近日
岡山 シネマ・クレール 近日 近日
福岡 KBCシネマ 近日 近日
沖縄 桜坂劇場 近日 近日