Bitters End
配給作品
『青の稲妻』
公式サイト
TOP
解説
ストーリー
イベント
上映スケジュール
予告篇
BBS
BBS < 青の稲妻
BITTERS END shopping gallary

『青の稲妻』掲示板は過去ログの閲覧のみとなりました。
新規書き込みはジャ・ジャンクー監督掲示板へお願いします

菅原陽一 2003年8月11日 12時12分38秒
<yoichi@mbox.kyoto-inet.or.jp> http://2003.pardo.ch/2003/sito/programma/film.do?id=48608

山西省出身のジャ・ジャンク−監督と同郷である、寧浩監督の作品「香火・イノセンス」が第56回ロカルノ国際映画祭のビデオコンペティション部門に出品されました。「青の稲妻」と同じく、今回の作品の舞台は大同だそうです。北京ではジャ・ジャンク−監督とも懇意にしているらしいです。もしかして、時代は「山西派」!?

作品は8/14の16:45からと8/15の9:00からPalaVideoにて上映が行われます。スイスなので残念ながら私は観に行けません。寧浩氏は音楽プロモーションビデオの制作で注目を集める若手映像作家で、有名なプロミュージシャンのPVを多数制作しているそうです。大手自動車メーカーのCM向けPVも手がけているとのこと。「香火・イノセンス」は映画祭の公式サイトにアップされている写真からしか想像ができませんが、ぜひ劇場で観てみたいものです。

映画祭のサイト→ http://2003.pardo.ch/2003/sito/programma/film.do?id=48608


kaiten 2003年7月30日 01時27分28秒

失礼しました。まだ、これから公開する地域もあるのですね。
(しばらく見てないので、他県に新幹線で見に行きたいです。)
初めてごらんになる方がとても羨ましいです。
DVDは、気長に待っています。


kaiten 2003年7月30日 01時24分44秒

この掲示板はまだ生きてますか?
DVDになる予定はゼンゼンないのでしょうか?
(大好きで劇場で五回見ました。)


Rumi 2003年4月29日 19時58分59秒

やっと「青の稲妻」を見てきました。
私は、ジャ・ジャンクー監督の作品を見るのははじめてでしたが、
とてもよかったと思います。
他の作品も見てみたくなりました。

それに、何年か前に大同に行った事があるので、
すすだらけのバスとか、懐かしく思い出しました。

リッチー・レン(任賢齊)の歌もすごくよかった。
いい具合に、映画に溶け込んでいる感じがしました。
パンフレットに、歌詞(カタカナ読み方付)やリッチーの説明があったのはうれしいですが、
彼の写真も載せてもらえたら、もっとよかったんですが。
リッチーは北野武さんのファンなので、
この映画の製作配給がオフィス北野ということを、知ったらすごくうれしいと思います。
パンフレットは2冊買ったので、以後機会があったら、リッチー・レンにプレゼントしたいと思います。


担当・佐竹 2003年4月11日 23時49分25秒

○関東圏にお住まいの皆様

明日から『青の稲妻』のアンコール上映を含めたジャ・ジャンクー監督の特集が、吉祥寺バウスシアターで始まります。
デビュー作の『一瞬の夢』には、昨年来日したときにビデオカメラで東京の街を撮影した作品「東京イン・パブリック」を併映いたします。
今回だけの特別上映ですので、この機会にご覧下さい。
また、明日は東京フィルメックスだけでしか上映されていない『プラットホーム』(英語字幕のみ)の3時間18分版をオールナイト上映いたします。
大変貴重な上映です。

僕も明日は吉祥寺で朝を迎えます。
皆様、バウスシアターでお会いしましょう。


○関西圏にお住まいの皆様

明日よりシネ・リーブル梅田にて『青の稲妻』の上映が始まります。
本当にたくさんの方に観ていただきたい映画です。
青春時代のヒリヒリした感じは万国共通です。
共感していただけると思います。
是非ご覧下さい。

よろしくお願いします。


* * * * *

このページのトップへ