Bitters End
配給作品
『ヴェルクマイスター
・ハーモニー』
公式サイト
TOP
解説
ストーリー
監督の言葉
ヴェルクマイスターについて
コメント
海外評
上映スケジュール
イベント
予告篇
BBS
監督の言葉<ヴェルクマイスター・ハーモニー
BITTERS END shopping gallary

ディレクターズ・ノート

−永遠の衝突についてー

この映画は私にとって単なる物語以上の意味があります。これは、永遠の衝突について─本能的な未開と文明化を巡る数百年の争い─全東欧のこの2世紀を決定付けた歴史的経緯に関する作品です。 言うなれば、飢えや苦難で堕落した文化と、キリスト的西洋文化を二分する、目に見えない壁です。この物語で、追放された人々の獣的な熱情が、飢餓行進と同時に吹き出す。一方、中流的価値は意味を失い、昔からの階級秩序が独自の風刺画になり、何世紀にもわたって続いてきた文化がその価値を下げるのだ。 それでも、こういったすべての崩壊、荒廃、腐敗にも関わらず、エステルとヤーノシュの関係には人間味ある温もりがあり、人間の尊厳を保つ可能性を輝かせることができる。─例え、惨めで、屈辱的で虐げられた状態においても。 現在のハンガリーで私が感じるのは─それほど強くではないが─これは我々が全力で闘わなくてはならない問題である、ということだ。

タル・ベーラ

ビジュアル
ビジュアル