Bitters End
配給作品
『ヴェルクマイスター
・ハーモニー』
公式サイト
TOP
解説
ストーリー
監督の言葉
ヴェルクマイスターについて
コメント
海外評
上映スケジュール
イベント
予告篇
BBS
ストーリー<ヴェルクマイスター・ハーモニー
BITTERS END shopping gallary

すべては、"クジラ"が見ていた・・・。


ヴァルシュカ・ヤーノシュは、天文学を趣味に持つ、郵便配達だ。彼は靴職人の工房に部屋を借りている。
仕事と家の往復の中、老音楽家エステルの世話をするのが日課となっている。
エステルは、ピアノのある部屋で、口述の記録を続けている。
それは、"ヴェルクマイスター"という18世紀の音楽家への批判のようにも聞こえる。


そんな、ある日、街角に1枚の張り紙が・・・。 “夢のよう!”“自然界の驚異!”“世界一巨大なクジラ!”“ゲストスター、プリンス!” そして、夜の街を、巨大なトラックがゆっくり通り過ぎた。


エステル夫人が、ヤーノシュを訪ねて来る。
「風紀を正す運動に協力するように、エステルを説得して」彼女は何かに取り憑かれるいるかのようだ。
広場に何かが来ているという噂を耳にし、ヤーノシュは広場に向かう。広場には、トラックとそれを取り囲むように、数え切れないほどの住人達がいた。トラックの荷台が開く。木戸銭を払い、乗り込むヤーノシュ。そこで目にしたのは、"クジラ"だった。不気味に光るクジラの目。ヤーノシュは、それに魅了される。また、潜り込んだトラックの中で目にする"ゲストスター、プリンス"の影。彼らの目的は何なのか?どこから来て、どこへ向かうのか?。

ビジュアル

そんなヤーノシュをよそに、街中の何かが歪み始める。いたるところで、炎が上がり、爆発が起こり、群衆が集まる。街中に"破壊"が充満する。群衆が向かったの病院だった。そこで彼らが見たものは・・・。
ヤーノシュは、破壊されつくした街を徘徊する。戦車が動きまわり、廃墟がひろがる。ヘリコプターに追跡されるヤーノシュ。なぜ?どうして?


エステルが、病院のヤーノシュを見舞っている。言葉が消えたヤーノシュ。
エステルは広場に向かう。そこには、あの"クジラ"だけが横たわっていた。
その"目"ですべてを見ていたかのように。


ヴェルクマイスター・ハーモニー