監督・脚本・撮影 上田義彦

椿の庭

富司純子 沈 恩敬(シム・ウンギョン)

田辺誠一 清水綋治

張 震(チャン・チェン)特別出演

鈴木京香

2021年4月、シネスイッチ銀座ほか、全国順次公開

椿の庭のこと 上田義彦

あの日、僕が住んでいた家の近くの道をいつものように歩いていたら、見覚えの無い空き地に足が止まった。まわりを見渡しはっとした。

あの家が無い。穏やかな静寂に包まれていた古い家。優しい木漏れ陽を歩道に落としてくれていた大きな樹が跡かたも無く消えていた。目の前の空っぽのごろごろとした土くれに覆われた地面と、いくつかの切り株の跡をただ眺めていた。

そして想った。ここに暮らしていた唯の一度も、姿を見かけたことも、話したこともない人のことを。こんもりと繁った木々に隠れて静かに建っていた、小じんまりとして好感のもてた家のことを。

落ち着かない不思議な喪失感に占領されながら帰り道を急いだ。家に着き自然にペンを取った。庭では椿の花が木いっぱいに咲いていた。

15年前の春先。あの日この映画が始まった。

エグゼクティブプロデューサー:小佐野 保 畠中鈴子
プロデューサー:橋本竜太 小川真司 宋 姈信
協力プロデューサー:飯田雅裕

音楽:中川俊郎

撮影補:佐藤 治 照明:八幡高広 録音:橋本泰夫 
助監督:中山権正 
衣装:伊藤佐智子 
ヘアメイク:赤松絵利、吉野節子 編集:上田義彦
スクリプター:河島順子、田口良子 整音:野村みき 
アシスタントプロデューサー:萩原里枝 
配給協力:江守 徹 
音楽プロデューサー:ケンタロー

製作:ギークピクチュアズ/yoshihiko ueda films/ユマニテ/朝日新聞社
配給:ビターズ・エンド 制作プロダクション:ギークサイト
2020年/日本/128分/5.1ch/アメリカンビスタ/カラー